足の爪垢から発せられるにおいについての豆知識ご紹介

においの豆知識:足の爪垢解消法

 足のにおいの原因はいくつかあります。原因の一つがムレ。足裏の汗と角質が混ざって靴の中にバクテリアが繁殖し、そのバクテリアの排泄物が臭いの原因となります。足裏の汗はエクリン腺から分泌される本来は無臭の汗です。(ちなみに腋の下などの汗はアポクリン腺から分泌されるにおいの強い汗です)元々は無臭の汗なのですが、靴の中という密閉された空間で汗と角質がバクテリアの餌になってしまい、バクテリアが大量発生する環境を作ってしまうという訳です。

 また、足の爪垢も臭いを発しています。足の爪を切った時に出てくる爪垢の臭いを嗅いでウッとうなってしまう人は多いですよね。(逆に爪垢の臭いを嗅ぐのが好きなんて人もいたりしますが)爪の裏には垢が溜まりやすく、靴下などで通気性が妨げられるためにおいの原因になります。

 それでは、足のにおいを解消するにはどうしたら良いでしょうか?それは、やはり「清潔にすること」につきます。お風呂に入った時、足裏全体をキレイに洗い角質も落とします。そして、お風呂上がりに殺菌スプレーや制汗クリームを塗るとかなりにおいを軽減できます。

 また、爪垢は爪を切る際に、爪楊枝や専用スティックなどでキレイに取り除きましょう。そしてアルコールなどで指の間や爪周りを拭き取って除菌してあげるとかなりにおいを軽減できるでしょう。

 そして、実は怠ってはいけないのが靴のケア。靴の中にバクテリアが発生している訳ですから、こちらの対策を行わないと片手落ちなのです。洗える靴なら、定期的に洗って清潔にする。洗えない靴なら毎日続けて履くことは避け、殺菌スプレーをして乾燥させるというケアも大事です。要するに、バクテリアが発生しにくい環境を作ってあげることがにおいの解消につながるのです。

    
サブコンテンツ

クリニックで完璧にわきがを治すなら

このページの先頭へ